佐賀城下栄の国まつり2017年の日程は?
見どころもたくさん。
穴場駐車場交通規制も調べてきました。

スポンサーリンク

佐賀城下栄の国まつり2017年の日程は?

佐賀城下栄の国まつりは毎年8月上旬に、
2日間にわたって開催されるお祭りです。

1962年から始まった七夕祭りと佐嘉神社で
行われていた盆踊りを合わせ、さらに多くの
人たちが参加できるようパレードや花火大会、
「YOSAKOIさが」など新しい企画もある、
たくさんのお祭りが融合した一大イベント。

初日は花火が打ち上げられ、佐賀城を背景に
趣のある夏の夜空が楽しめます。

飛び入り参加ができるパレードも魅力。

2017年も佐賀城下栄の国まつりは開催が
予定されています。

 

2017年は現在のところ詳細は未定。

例年通り8月上旬に行われるかと思われ
ます。

2017年の日程の詳細などは、6月中旬から
7月ごろに発表があるのではないでしょうか?

待ち遠しいですね。

 

佐賀城下栄の国まつりの見どころは?

2日間に渡って佐賀城下、佐賀市シンボル
ロード、唐人町通りなどのスポットで
行われる佐賀城下栄の国まつり。

露店にステージにい舞台、と見どころ
たくさんあります。

中でも見どころなのがYOSAKOI。
よさこい祭りはもはや全国の踊りとなり
ましたね。

佐賀城下栄の国まつりで開かれるYOSAKOI
さがは、佐賀県内から40以上もの団体が
参加します。

 

YOSAKOIファンではなくとも、活気と団結力の
結晶に心踊るでしょう。

もう1つの見どころは花火。
初日のフィナーレは1500発もの花火で締め
くくります。

 

佐賀城と花火の幻想的な風景に、今までの
喧騒も忘れてしまうかもしれません。

他にも夜市や各種ステージショーなど
盛りだくさん。

スポンサーリンク

花火の穴場スポットは?

花火は佐賀市のど真ん中、佐賀城前のお堀で
打ち上げられます。

佐賀県警本部は有名なスポット
お堀の水面に花火が映る様子も見ることが
できます。

しかしこちらは有名ですので、人は多いでしょう。

穴場は佐嘉神社境内。
穴場ではありますが、そこそこ人はいます。
それでもできれば人が少ない場所でゆっくりと
見たいという人に。

佐賀市内のど真ん中で打ち上げられるので、
市内からなら花火を見ることも可能。

意外な場所が穴場になっているかもしれません。
花火をバックにお祭り会場の散策も良いですね。

 

駐車場はある?

地方のお祭りは駐車場があるかないかもネックに
なりますよね。しかし佐賀城下栄の国まつりには
駐車場はありません。

佐賀市内、周辺にお住いの方は車では行かない
ようにしましょう。

 

遠方または県外からで車でお越しの方は、
JR佐賀駅周辺に有料駐車場などがないか
調べてから行くことをおすすめします。

当日、会場周辺は交通規制もありますので、
公共機関で行った方がいいですね。

 

交通規制は?

2016年の佐賀城下栄の国まつりも交通規制
されていたので、2017年も同様に交通規制
されると思われます。

2016年の交通規制は、花火打ち上げ場所の
目の前の国道264号線が歩行者専用道路に
なります。

 

周辺の道路も迂回が必要だったり、一方通行、
もしくは車両通行止めなどの交通規制が敷かれ
ていました。

詳しくは2017年の佐賀城下栄の国まつりの
情報で発表されることでしょう。

 

まとめ

佐賀の夏の風物詩となっている佐賀城下栄の
国まつり。

歴史あるお祭りかと思いきや、新しいものを
どんどん取り入れ、若い人たちからも愛される
お祭りとなっています。

佐賀の歴史と新しい風を同時に感じることが
できるお祭りもなかなかないですよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク