明石家さんまさんの深い名言と芸は
生い立ちがあってのものですよね。

実はさんがいて、若くして亡くなられたのだとか…

自宅はどこにあるのでしょう?

 

スポンサーリンク

 

明石家さんま(あかしやさんま)さんプロフィール

本名   杉本高文
生年月日 1955年7月1日 現在59歳
出身地  奈良県奈良市
血液型  B型
身長   172cm
奈良県立奈良商業高等学校卒業
吉本興業/オフィス事務所所属

ご存知国民的お笑いスター。
元々は噺家として2代目笑福亭松之助師匠に弟子入りしましたが
業界の人と師匠の勧めでお笑いへの道へと行きます。

明石家さんまの生い立ちや弟に関する名言が深い!自宅が豪華すぎる?

ちなみに、笑福亭松之助師匠に入門した時の芸名は笑福亭さんま。
師匠自身も一時期は喜劇役者をしていたこともあり
お笑いに関してはかなり精通していたようですね。

お笑い芸人になった際には笑福亭松之助師匠から「明石家」の名前を
もらい、19歳から明石家さんまとして活動しています。

 

若手の頃は、兄弟子や、B&Bの島田洋七、洋八さん、
西川のりおさん、ザ・ぼんちなどなど
同じ若手芸人らとコンビやグループを組んで活動。

 

ものまねや声を張って笑いを取る芸などで徐々に
知名度を上げていきました。
1980年代頃からは超売れっ子タレント、冠番組も数知れず。
今では知らない人はいないほどの超大御所タレントですね。

 

 

 

明石家さんまさんの生い立ち…弟との悲しい別れ

テレビでは底抜けに明るい明石家さんまさんですが
今の明石家さんまさんは、彼の生い立ち、
さんを亡くした悲しい出来事があってこそあるのでしょう。

 

明石家さんまさんは、和歌山県東牟婁郡古座町に生まれます。
奈良市で育ちますが、3歳の時にお母さんが亡くなり、
やがてお父さんは従姉妹に当たる女性を後妻として迎えます。

 

その後弟さんが生まれます。
お兄さん、明石家さんまさん、弟さんの3人だったのですね。

明石家さんま 弟 名言

 

新しいお母さんはお兄さんと明石家さんまさんに対しては
無視していた様子で、それでも明石家さんまさんは継母に
相手をしてもらおうと面白いことを言ったりしていたそうです。

 

しかし継母がぽろっと「私の子は弟だけ」だと言い、
それを聞いてしまった明石家さんまさんは
ものすごいショックでお兄さんと泣いたそうです。
つらい仕打ちをするような継母でも、彼らにとっては
お母さんだったのでしょう。

 

弟さんを大変可愛がっていたようで、明石家さんまさんが
人気タレントになった後でも明石家さんまさんの
マンションへ招待していたそうです。

 

しかし、弟さんが高校生の時に実家が火事になり、
弟さんは亡くなってしまいます。
その当時、週刊誌は自殺だと騒いでいましたが真相は不明です。

 

明石家さんまさんの落胆は尋常ではなく、一時期は芸人を
辞めようかと考えたほどだったとか。

 

スポンサーリンク

 

吹っ切れたのが、オール巨人さんとの舞台。
なんとオール巨人さんは「お前んち、兄弟焼いたらしいな」と
いう爆弾発言。今だったらネットでオール巨人さんの方が
焼かれていたことでしょう。

 

しかし、明石家さんまさんは「そや、材木切れたから
代わりに焼いたんや」とすかさずボケます。

 

芸が体に染み付いていたのでしょう。
明石家さんまさんは、舞台後オール巨人さんに
感謝の言葉を述べたそうです。
そして、芸人を続けていく決意もしたのだとか。

 

元々明るくテンションが高いキャラだった明石家さんまさんですが、
底抜けに明るくなったのは、この頃からだと言われていますね。

 

今の明石家さんまさんの芸は、こういった生い立ち
あってのことなのです。

 

 

明石家さんまさんの自宅

芸能人の自宅と言えば◯億の豪邸!
というのが一般的なイメージですが、明石家さんまさんの
自宅も例に漏れずに豪邸との噂です。

 

ちなみに、明石家さんまさんは吉本興業所属ですが、仕事やギャラ、
税金の管理は「オフィス事務所」を設立してそこでしております。

明石家さんま 自宅

 

オフィス事務所ってネーミングも凄いですね。
税金対策のために設立したのが伝わってきます。

 

税金対策をしなければならないほどに儲けがある明石家さんまさん。
自宅もさぞかしお城のような…と思いますよね。

 

調べてみましたが、大竹しのぶさんと結婚していた時代の
目黒の自宅しか情報は見つかりませんでした。
現在は千代田区平河町に自宅があるとだけ。

 

しかし、目黒区のお家もかなりのものです。
噂ででは、現在お住まいの自宅もかなりの豪邸なのだとか。

 

 

明石家さんまさん名言集

お笑い芸人になって、波瀾万丈で、苦しい思いも
たくさんしてきたであろう明石家さんまさん。

 

心に突き刺さる言葉をコミカルにさらっと放つこともしばしば。

 

一番有名な名言
「生きてるだけでまるもうけ」でしょうね。

明石家さんま 生い立ち

 

娘IMALUさんの名前の由来でもありますね。
弟さんが亡くなった辛い経験を含めての言葉なのでしょう。

 

他にも
「俺は、絶対落ち込まないのよ。
落ち込む人っていうのは、自分のこと過大評価しすぎやねん。
過大評価しているから、うまくいかなくて落ち込むのよ。
人間なんて、今日できたこと、やったことがすべてやねん。」

「満点は星空だけでいい」(テストの点が悪いと悩む学生に)

などなど心に残る名言は数えきれません。

 

恋愛論も鋭く、多くの女性と噂のあった明石家さんまさんならでは。
人生に達観した人の言動には、本人にはちょっとしたことでも
重く意味のあるように感じられるのです。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク