2017京都五山送り火の見どころをピックアップ!
駐車場交通規制情報も気になりますが
中止になることはあるのか、過去も振り返り探っていきます。

スポンサーリンク

京都五山送り火2017の見どころとは

毎年恒例となっている8月16日開催の京都五山送り火!
夏の夜空に相応しい彩の京都五山送り火2017年の見どころとは。

京都の代名詞である祇園祭と共に、風物詩となっている。
暑い日が続き、京都の夏を思い浮かべる方も多く居る事でしょう。

今となっては京都を代表すると言っても良い
京都五山送り火の見どころは何といっても東山如意ケ嶽の大文字!
遠くからでも目に入る大きな“大”という文字は
知名度も高く、幅広く知れ渡っています。

京都五山送り火=大文字とイメージが強いが
名の通り、五つの山に同夜相前後、点火されているのです。

 

金閣寺大北山が良く知られている大文字山!“左大文字”です。
万灯籠山、東山、松ヶ崎西山、大黒天山には“妙法”
西賀茂船山は“船形”そして、嵯峨曼荼羅山は“鳥居形”

これらの山々で行われている点火の総称が
京都五山送り火と呼ばれています。
2017年も夜空を焦がす京都五山送り火の炎は次々と
大、妙・法の文字、鳥居、船の形に浮かび上がるのが見どころ!
炎でお精霊さん(死者の霊)をあの世へ送り届けてあげるのだとか。

京都五山送り火の見物客は年々増え続けており、10万人超え!
平日にも関わらず、京都中が人で溢れるのです。

 

ただ日常的に出かけている地元住民でも
京都五山送りに当日は移動が大変なのですよ。

2017年の京都五山送り火も火が灯っているのは
たったの一時間だけ・・・。
初めて出向く人にとっては絶好の鑑賞スポットは中々見つからず
十分に下調べをしてから行くのがおすすめですね。

 

京都五山送り火のための駐車場はあるのか

ネット上で手あたり次第調べてはみたものの・・・
残念ながら、特別な無料駐車場や臨時駐車場はありません。

駐車場が広く、迷惑がかからいかな・・・と思ったのは
イオンモール京都五条(イオンモール京都ハナ)の駐車場
1700台の駐車場スペースがありますので端っこにこっそりと・・。

イオンモールですので平日は3時間駐車料金が無料ですね。
休日や繁忙期でも2時間だけは無料にしてくれます。
ありがたいことに、イオンモール京都五条は、
夜11時まで営業していますので、時間の心配も無し!

 

そして、イオンモール京都五条の最上階駐車場
五山送り火の山々を見ることが可能なのです。
京都五山送り火の時間になると、警備員さんも配置され、
照明が落ち、鑑賞できるようにお店の配慮があるのだとか!!

京都五山送り火を目当てにイオンモールに訪れる方が居ることを
分かってくれている分、駐車場も利用しやすいですよね。
お買い物されているお客様のご迷惑にならないように、
鑑賞に出向く方はルールを守って楽しみましょう。

 

駐車場が満車の場合を考えると
やはり市バスや地下鉄臨時増発もありますので、
ご利用頂くのが一番スムーズかと思いますよ。

スポンサーリンク

京都五山送り火の交通規制は?

2016年の交通規制情報ですが
京都五山送り火が開催される16日は京都府警により、
左京区、右京区、京都市北区で臨時交通規制を行っていました。

ネット上には図も上がっており、
より詳しく交通規制を頭に入れて動けますので、
一度確認して頂けると良いかと思います。

渡月橋、加茂街道(葵橋以北)周辺なども
午後7〜9時には歩行者専用道路となり、交通規制があります。

去年のデータでは見物に来た方や自動車で京阪出町柳駅、
北野白梅町交差点など周辺が大変混雑していたのだとか。
人出は6万人前後、警察官も約600人態勢!!

観光名所としても外国人を含み相当な人が生き交京都ですが
京都五山送り火の日は倍の人混みだと覚悟しておきましょう。

 

京都五山送り火は中止になるのか?

お祭りや花火大会は天候により中止になることが有りますが
京都五山送り火も雨が降ると中止になってしまうのでしょうか。

京都五山送り火は、長年受け継がれてきた伝統行事!
全国、海外からも足を運んでくれる大規模なイベントですから、
中止になってしまうとかなりの影響が出るのは確かです。

 

ネット上で発見しました!
“多少の雨では中止にしない”安心できる嬉しいお言葉ですね。
仕方なく延期となり日にちをずらすことはあっても、
中止になることはあり得ないのだとか!!

実際に延期されたのは昭和38年のこと。
集中豪雨で火を灯すどころでは無かった模様・・・。
傘をさしても危ない程の警戒注意報がでる悪天候では
仕方ありませんが、その後は天気にも恵まれています。

 

まとめ

お盆の時期も重なりますので遠方から自動車で
出向くのは渋滞にもなり、はっきり言って、しんどいでしょう。
下調べと時間に十分な余裕を持った行動は必須!!

京都五山送り火の山々全てを目にしたい方もいるでしょう。
折角足を運ぶのですから、思い出に焼き付けたいですよね。
しかし、見物場所が限定され、どの山も小さく、
迫力ある灯り火を見たという興奮は無いと言えます。

どれにスポットを当てるかが重要となり、
毎年恒例ですので、5回行っても違う感動を楽しめますよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク