日焼け後のケア、どうすればよいのでしょうか。
痛いときの対処法は?
日焼け止めランキングもご紹介。

スポンサーリンク

日焼けが痛い時の対処法は?

じりじりと焼けつくような炎天下で作業を
していたり、遊んでいたりすると、いつの
間にか痛いと感じたことはありませんか?

火傷をした部分は痛いと感じますよね。
そう、日焼けとは火傷の一種なのです!

火傷には1度から3度までランクがあり
ますが、日焼けは1度、つまり軽度の火傷。

軽い火傷だからと言って、軽く見るのは
大間違い。

 

たとえ痛みはなくとも、肌にダメージを
受けているのは確かなのです。痛いと
感じるならなおさら。

痛い時の対処法は一にも二にもまず冷やす。

火傷した時も、とにかく冷やすことが第一の
対処法ですよね。それと同じです。

 

氷水、または氷水につけたタオルで当てる、
冷水シャワーなどで冷やしましょう。

全身日焼け痛い場合は、水風呂でも。

ただ、肌が傷ついているので、冷やす時に
こするなど、肌を刺激しないように。

 

充分に冷やしたら次に肌をガード。
化粧水で保湿し、純度の高い白色ワセリンで
肌を保護します。

火傷した部分が空気に触れると痛いのと
同じように、日焼けした肌も空気に触れると
痛い時があります。

日焼けした箇所がピンポイントな場合は、
ラップで巻いて空気に触れないようにする
対処方も。

 

しかしアトピー肌の人には、この対処法は
逆効果な場合もあります。

また化粧水も刺激が強いものは余計に痛い
場合も。

肌が弱い人は医療機関を受診した方が良い
かもしれません。

 

もう1つの対処法として抗炎症作用のある
日焼けした部分に薬を塗ります。

オロナイン、パンパス軟膏など「やけどに
効果あり」と書かれている塗り薬なら
使うことができます。

 

ものによっては塗った直後痛い軟膏も
ありますので、狭い範囲の日焼け
使うのがおすすめ。

対処した後は日陰や室内で安静にして
おきましょう。

スポンサーリンク

日焼け後のケアは?

日焼け後のケアは、夏場には特に必要です。

日焼け後のケアをしないと肌が受けた紫外線
ダメージがそのままになった状態。

 

肌は当然ボロボロ。
火傷状態になってはいなくとも要注意。
シミやそばかすの原因にもなります。

日焼け後のケアでますやることは冷やす。
痛くなくても冷やします。
痛みなどの自覚症状はなくとも、ダメージは
確実に受けています。

日焼け部分を触ってみて火照った感じが
するなら、紫外線にかなり当たっていた証拠。
火照っていなくても冷やしましょう。

次に保湿です。
紫外線をたっぷり受けて、肌の水分がすっかり
抜けてしまった状態なので、保湿は十分に
しましょう。

化粧水はたっぷりとつけて。
冷蔵庫で化粧水を冷やしておくと便利です。

 

他には、ケア後は紫外線を極力浴びない、
水分をたっぷり摂る、よく眠るなどがあります。

体を十分に休めてお肌を回復させてください。

 

日焼け止めランキング

日焼けしないためには、日焼け止めを
つかって紫外線からお肌を守りましょう。

日焼け止めはスーパーやドラッグストアなどで
たくさん売られていますね。

 

どれを使ったらよいか分からない時は
ランキングを参考に。

ランキングでみんながどんな日焼け止めを
使っているか分かりますね。

日焼け止め人気ランキング
※価格は調べた当時。店や通販で差があります。

 

1位 資生堂アネッサ パーフェクトUVスプレー
アクアブースター

 

スポンサーリンク

 

価格約1500円

 

2位 エーデルワイス UVプロテクト

価格約2484円

 

3位 UVプロテクト トーンアップ
モイスチャーベース

価格約4500円

 

4位 ノブ UVシールドEX

価格約2700円

 

5位 花王 キュレル UVクリーム

価格約1620円

 

日焼け止めはスプレーやジェル、クリーム、
飲むタイプなどがありますが、化粧下地にも
使えるクリームタイプのランキングを
調べてみました。

天然成分配合で肌にも優しい日焼け止めは
子供にも使えるものもあるので人気ですね。

 

今年はがっちりガードしてくれる
日焼け止めで夏に挑みましょう。

 

まとめ

夏の大敵日焼け。
日焼け止めや帽子、日傘は必須アイテム
ですね。

もし仮に日焼けをしてしまっても、
即座に対処できる方法を知っていれば
肌へのダメージも最小限に食い止められる
でしょう。

準備と対策は怠りなく!

スポンサーリンク


スポンサーリンク