熱中症になったらと考えたことはありますか?
子供の熱中症は危険!?100均グッズも要チェック!
夏に入る前に、事前準備と対策をしておきましょう。

スポンサーリンク

子供の熱中症には特に注意!?

暑さに影響を直接受けてしまう子供たちは
大人よりも熱中症になりやすいと言われています。

暑い季節には汗を流すことで体温を37度前後に保とうとする
体温調節機能が子供はまだ発展している段階にあるので、
環境の温度変化を受けやすく子供の熱中症には
十分に注意しなければいけません。
大人も子供も暑さを感じたら、万全な対策を心がけましょう。

水分を意識して、多めに飲みましょう。
子供は腎臓機能の発達が不十分であるため、
水分や電解質が失われやすい。

特に新生児は大人の倍、水分を外に放出してしまうので、
水分を多く含む食事、こまめな水分補給が必須です。
下痢や嘔吐があると、すぐに脱水症状を起こしてしまうのが
子供なのです。室内でも油断は禁物!

 

熱や日ざしを避ける・外に長時間は辛い
自律神経の働きもまだまだ未熟。
極力熱がこもらないように
衣服の色や素材を選ぶことも対策になります。帽子も大切。

どんなに対策をして外に出ても、遊びや話に夢中になり、
喉の渇きにも気分の悪さにも多少ならと我慢したり、
熱中症のサインを無視または気づくのが遅くれます。
周りの大人が注意深く目を向けていなければいけません。

スポンサーリンク

地面は熱が凄い
ベビーカーに乗せていても、
大人より地面と近い状態で過ごすことになります。

子供は背が小さい事を頭に入れて、
地表から直接放たれる熱を受けないよう、
気温や湿度を気にかけて外出しましょう。

 

置き去り禁止
子供は気持ちよく寝ているちょっとした時間にありがちな
車内放置は絶対にしてはいけません。

 

熱中症対策に100均グッズ!!

みんな大好き100均に熱中症を対策出来る
グッズが数多く発売されているという耳より情報を発見!
100均で買えてしまうグッズを一部紹介していきます。

冷却ジェル
冷蔵庫で冷やして使用すると気持ちよさ倍増で最適です。
家の中でも冷房を付けていない時は蒸された空間で
サウナの中に居るような・・・気づいたらボーとしている事も
あると思います。熱中症は外だけでは無いですよ。

保冷バック
冷えた飲物を持参する際、保冷剤を運ぶ際も役に立ちます。
サイズが小さい物も大きい物も有りますので、
お弁当箱のサイズに合わせて選び、使い勝手が良いと評判です。

 

ひんやりエアマクラ
寝苦しい夜に欠かすことのできない冷却ジェルが入った枕商品。
特に夜はエアコンを切る方も多いと思います。
冷凍庫で凍らせて使用する事も可能!冷蔵庫で冷やしても良し!

冷却スプレーのスーパークール
いつでもどこでも使用できる冷却スプレーを
1つ手元に持っておけば、安心ですし有効的ですよね。
100均グッズは無香料で服の上からでもスプレーできるのが魅力。

他にもアイスノン、アイスバック、フェイスマスク、
ひんやりマット、すだれ、麦わら帽子など
年々効果的なものへ進化し続けている100均グッズ
手に入れてしっかり対策をとりましょう。

熱中症になったらどうする?

どんなに対策していても熱中症になったら
そのような対応を取ればよいのか、
緊急時は慌ただしく混乱してしまうものですよね。

まず、早めに熱中症ではないかと気づけることが大切です。
暑い部屋や炎天下にいる際、頭痛や吐き気を感じたら
熱中症かもしれないと疑うこと!

日陰や涼しい場所へ移動
建物内ですと人も居て安心ですが、建物が無ければ木陰に移動。
第一に日差しを避け、遠ざかり熱をシャットアウトさせるのが大事。

 

窮屈な衣服は緩めましょう
ゴムやベルト、シャツのボタンなど、緩めると風通しになります。
楽な状態は気分も落ち着かせることができます。

身体を冷やしましょう
額や手足、首など大きな動脈を中心に
タオルを水で濡らして当てるだけで全然違います。
うちわで扇ぐのもベスト!氷や保冷剤があれば
一気に体温を下げることもできますし効果的です。

 

水分補給
熱中症になってしまったら、水分補給は
水よりも、塩分が入った飲料を選ぶのが適切です。
スポーツドリンクでも構いません。

意識がもうろうとしている人に、無理矢理飲ませるのはNG
誤嚥の可能性もありますので速やかに救急車を呼びましょう。

熱中症と言っても、色々なタイプがあるのです。
熱中症になったらどう対応するべきか、
分かりやすい症状がある場合、
見合った処置をしてあげられるように、一部まとめて見ます。

熱失神
めまい、立ちくらみ、冷や汗など一時的な失神がみられる。
血液が脳に回りづらい状態になっています。
毛布や座布団、鞄などを使用し、足の位置を頭より高く維持し、
涼しい場所で横になり、回復を待ちましょう。

 

熱けいれん
手足の震え、けいれんと筋肉痛のような痛みを感じます。
大量の汗を流した後、水だけは飲んでいたが、
塩分摂取をしていなかった場合に起こりやすいです。

まずは塩分補給!1リットルの水に9gの食塩を入れ、
この生理食塩水を飲むだけで身体は回復していきます。

熱疲労
嘔吐や頭痛、全身の倦怠感。重症の脱水症状。
塩分を含んだ水分補給。熱失神と同様、足を高く上げて休むこと。

 

熱射病
命の危険がある重症の熱中症。
不自然な言動、意識障害、高体温が特徴的です。
すぐに救急車を呼び、すばやく体温を下げること。

熱中症になったらと考えると、
子供であれば親たちは余計に怖くなりますよね。
自分で対応してあげることができれば、
気分も違いますし、熱中症の危険性を把握しておきましょう。

まとめ

子供と同様、高齢者も熱中症になりやすく、
乳幼児や高齢者に関しては、脱水状態になっていても、
身体に症状や反応が出なかったり、
自分でも気づいていないことがあります。

まだ大丈夫と思うのが一番危険ですし、
頻繁に休憩を取りながら、声を掛け合って、
気分が悪い時には決して無理をしないよう注意が必要です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク