夏休みは読書感想文の書き方を教えてあげる良い機会!
低学年には少し難しいですが見本コツ書き出し
分かって書くことができてば良い作品に変わりますね。

スポンサーリンク

低学年の読書感想文?

夏休みの宿題として低学年でも読書感想文がありますよね。
工作は早々と終わっても、読書感想文は
最後に残ってしまう永遠の第一位と言われています。

子供に読書感想文終わらせてしまいなさいと話しても、
中々難しい物なのです。大人でも本離れがありますが
低学年の子供は自主的に本を読む習慣がまずありません。

だからと言って大人の目線に合わせて
小説や分厚い本、ハウツー本、自己啓発系などを渡しても
楽しんで読むことは不可能。

低学年にとっては本の表紙やインパクトと言った見た目も重要。
文字よりも絵が沢山載っている本が好きな子も居ます。
子供の興味に合わせた文章も読みやすい本を選んであげましょう。

 

低学年の読書感想文は
真面目な堅苦しい解説や評価、意見など求めていません。
もっと言えば、図鑑や絵本でも勝負できます。
これも立派な読書!一冊の本を読むと言う経験が大切なのです。

 

読書感想文のコツとは

読書感想文は文字を考えて書く能力が必要です。
何を書いたら良いのか、読書感想文を嫌う子も多いのは確か・・・。
そこで低学年でも楽しめるコツをまとめていきます。

まずが付箋を用意します。一冊の本を読み進めている子供に
面白かったページ、楽しかったページに
2枚だけ付箋を貼って貰いましょう!!

沢山貼るのではなく、2か所に絞ることがポイント!
自分でページを厳選させることがコツの一つです。
あくまでも親は付箋を渡すだけにしましょうね。

次に付箋を貼って貰ったページを追求していきます。
子供にやんわりと質問してください。
何が面白かったのか、なぜそのページを選んだのか。
低学年らしいとっても簡単な言葉で良いのです。

 

大きめの付箋を用意して、付箋に直接書いてもらうのもベスト!
そのまま読書感想文に移すだけの簡単作業と思えて、
子供も楽な気分となり、進んで取り組んでくれることでしょう。

読書感想文を書くコツは何を書くべきなのか
子供にしっかり理解してもらうこと!

 

読んだ本の説明:私は○○という本を読みました。これで十分!
本を選んだ理由:表紙が好き、ママがすすめてくれた。
本を読んだ感想:付箋二か所を書き写し!
※感想文の中心となりますので「 」や相手に語り掛ける文でもOK
最後は自分の考え:自分ならどうする?

本を読んでから考え方が変わった、こうしていきたい。
そうすることでどうなったと続けて書くことができれば
低学年の読書感想文としてはワンランク上に行けるでしょう。

スポンサーリンク

読書感想文の書き出しと見本!!

読書感想文の書き出しは決まりがありません。
しかし、書き出しが思い浮かばず鉛筆が進まないのも
低学年ならではの悩みなのです。

読書感想文は親が見本を書いてあげることも大切、
同じ本を読んで子供のレベルに合わせた文章構成を考え、
一緒に取り組み、見せ合えば子供も学習になります。

書き出しだけでも沢山のパターンがありますので
見本として好きなのを選ばせてあげるのも
自分から取り組める力になれると思いますよ。
そこで書き出しの見本を一部ご紹介します。

 

本の紹介から始める
○○という本は主人公が○○をするお話です。

本を選んだ理由から始める
題名を見て面白そうだと思ったので○○という本を選びました。

登場人物に呼びかける形で始める
「ぼくたちは友だちになれるよ。」と本を読み終えた時思いました。

いきなり感想から始める
この本を読み終えた時、○○と思いました。

印象に残っているセリフや文章から始める
○○というセリフを読んで、私は○○な気持ちになりました。

 

読み手へ呼びかけ
先生あのね、本を読んだら○○があったよ

書き出しだけを一覧で見せるだけで、読書感想文の視野が広がり
低学年であっても自ら書きやすいと思いますよ。

 

まとめ

口でこうして書けば?ここは○○って書いたら?と
言っても、入学して4か月後に自分の力だけでスラスラと
読書感想文を書き出す子供はまずいないでしょう。

低学年ですから親と本を選んで、親と一緒に考えることは
決してダメなことではありません。
学校側としても、一冊の本を読んだと証明のできる
意味の通じる文字や文章で提出すれば、十分なのです。

一枚の原稿用紙を自分の文字で埋めることができた達成感も
低学年にとっては大切なことです。
子供の力を伸ばしてあげるための親のサポートは必要不可欠!

夏休みも楽しむ!読書感想文も楽しむ!!
上記を参考に親子の大切な時間をお過ごしください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク