エアコン冷えない臭い…その原因は?
自分クリーニングして快適な空気を保ち
ましょう。

スポンサーリンク

エアコンが冷えない?

最近では4月ごろから真夏日のような暑さに。

エアコンなしでは過ごせないという人も
いることでしょう。

たまらなくなってエアコンを付けたら、冷えない!?
さっきまで問題なく使っていたのに、いきなり
冷えなくなった!

そんなトラブルが起こってしまったら大変
ですね。

エアコンが稼働する時期は、電気屋さんは
どこもエアコンの取り付けや修理で大忙し。

 

故障した!と買った電気屋さんに電話しても
対処してくれるまで時間がかかることも。

冷えないと気づいたときは、まずは自分で
チェックしてみましょう。

 

ホコリがたまっている
まずはフィルターを見てみましょう。
ホコリがフィルターいっぱいに詰まって
いれば、風の通りが悪くなるのは必然です。

ホコリが詰まっていると、単に冷えないだけ
ではなく、雑菌やアレルゲンをまき散らして
いることになるのです。

エアコンを使う前にはフィルターの掃除を。
業者に頼んでも良いですし、自分でやっても。
自分での掃除方法は後述します。

日中の気温が高すぎる
エアコンは外気温に左右される家電です。

外気温が高すぎると、それだけエアコンに
かかる負荷も高くなり、冷える機能が低下
する場合もあります。

比較的外気温が低い時、夜間などでは
正常に冷えている場合は問題ありません。

 

室外機にトラブル
冷えないのはエアコン本体ではなく、室外機の
トラブルのケースも。

室外機は文字通り外に置いてあるので、
風や障害物などにさらされる訳です。

まず室外機周辺に物が密集していないかを
確かめます。

室外機のファンが塞がっていれば、エアコンは
正常に機能しません。それどころか、熱が
こもってしまい、故障の原因に。

室外機の周り、特にファンを塞ぐような物は
置かないようにしましょう。

 

次に、エアコンをつけた状態でファンが
正常に回っている、室外機から温かい空気が
出ているかを確認します。

温かい空気が出ていない、ファンがおかしい時は
室外機の故障が考えられます。

その時は業者に点検と修理の依頼が必要に
なります。

 

エアコンをたくさん稼働する時期は、点検に
来てくれるまで時間もかかりますし、値段も
数万円かかる時もあります。

室外機の寿命はだいたい9年ほど。
年明けか春ごろの点検がおすすめです。

 

ガス漏れ、ガス切れ
エアコンには冷媒ガスが使われています。
この冷媒ガスが漏れていたり、切れていた
場合は冷やす機能も低下してしまいます。

室外機の右側にあるカバーを外すと2本の
コードがあります。そのうちの1本に白い
霜がついていたら確実にガス漏れ。

 

他にも室外機取り付け時の施工不良や
配管の亀裂などでガスが漏れている、不足
している場合もあります。

業者に点検してもらいましょう。

スポンサーリンク

エアコンが臭い?

エアコンをつけたら、イヤーな臭いが…

嫌な臭いの原因はカビ、雑菌、タバコ、
人間やペットの汗や脂、または食べ物の
油。

エアコンは吸った空気を放出する仕組み
です。

部屋が汚れていると、それだけエアコンで
汚れた空気を吸うことになります。

また吸われた部屋の汚れとエアコン内の水で
カビが発生することも。

カビは嫌な臭いをまき散らすだけではなく、
アレルギーやアトピーを引き起こす危険性も
あります。

 

対処法としては、部屋をきれいに保ち、
エアコンのフィルターの掃除します。

最近はエアコンにも清浄機能が備わっている
タイプもありますね。

掃除と併用してクリーンな空気を保ちましょう。

 

エアコンは自分でクリーニングも

エアコンのクリーニングは専門の業者に
頼むのが確実。

しかしエアコンを使う時期、特に夏が
近くなるとクリーニング業者も繁忙期で
値段が高くなることも。

 

自分で掃除するだけでもかなり違うので、
ぜひやってみてください。

自分でクリーニングする際に必要なのは
掃除機
雑巾
歯ブラシ

ホコリに弱い人はマスクや手袋も用意して
ください。

まず最初はフィルターを外さずに掃除機で
ホコリを吸い取ります。

 

いきなり外すとホコリが大量に舞って
しまうことがあります。

ある程度のホコリを吸い取れたらフィルターを
外し、シャワーを当て、網目につまった
ホコリを洗い流します。

しつこい汚れは歯ブラシを使います。
洗い終わったら乾かしましょう。

 

本体の外側や内部も掃除機や雑巾を使い
きれいにします。

フィルターが完全に乾いたらエアコン本体
にセット。

30分ほど送風すれば、よりカビの心配も
なくなるでしょう。

 

自分でのクリーニングは面倒そうで
実はかなり簡単。

月に1度はやっておきたいところです。

 

まとめ

エアコンのトラブルの大半はホコリ。

ホコリには雑菌やダニがふんだんに含まれて
いるので、エアコンでまき散らされてしまえば
部屋が汚れたり臭いだけではなく、健康にも
悪影響です。

エアコンを本格的に稼働する前に、まずは
点検と掃除をお忘れなく!

スポンサーリンク


スポンサーリンク