「おはスタ」のバイリンガルMCとして活躍中の
お笑い芸人・アイクぬわらさん。

芸人になった経歴や、出身大学性格についても
気になります。
佐藤栞里さんが彼女というのは本当なのでしょうか。

スポンサーリンク

アイクぬわらさんプロフィール

本名    アイク・ヌワラ
生年月日  1986年6月5日
出身地   アメリカ・ニューヨーク
血液型   B型
身長    181cm
体重    75kg
所属事務所 ワタナベエンターテインメント

お笑いグループ・超新塾のメンバーで
お笑い芸人のアイクぬわらさん。

今、面白いとジワジワ人気が出てきているのを
ご存知でしょうか。

 

芸人としての仕事だけでなく
あの「おはスタ」にもバイリンガルMCとして
出演し、子供たちからも人気なのです。

アメリカ育ちの彼が、なぜ日本で芸人を
やろうと思ったのでしょうか。

他にも、佐藤栞里さんが彼女なのでは?
という気になる噂もあります。

 

アイクぬわらの経歴

まず、アイクぬわらさんの経歴ですが
実はすごい経歴を持っています。

アメリカはニューヨークのシアトル生まれ。

なんと、最終学歴がワシントン州私立工科大学
20歳で卒業しています。

アメリカは飛び級制度が普通にありますからね。

大学でIT関係の勉強をしていて、飛び級で
卒業と聞いただけでもすごいですよね。

この大学時代、知らない人はいない
高田純次さんの早朝バズーカと出会います。

 

そこで、衝撃を受けて、日本のお笑いに
興味を持ったんですね。

何がきっかけになるかは
本当に人生わからないものです。

大学卒業後の20歳にすぐに来日し
大阪に住み始めます。

 

しかも、日本語や関西弁の勉強は
すべて独学。

好きだからと言っても、よほどのことがないと
出来ないことですよね。

そして、日本に移住して就職した会社が
かのゴールドマンサックス。

 

さすが、飛び級で大学を卒業した
だけのことはあります。

ここまでの経歴を見ると、ますますなぜ
芸人になったのか不思議になってしまいますね。

日本人の芸人さんでも高学歴の方は
多いですが、それでも飛びぬけての
高経歴なのではないでしょうか。

 

ただ、元々はお笑いが好きで日本までやってきた
アイクぬわらさん。

有名企業の高給よりも、芸人になる道を
選びました。

超新塾に加入したのは2011年のことですね。
「ぬわらし」というコンビでも活動を
しています。

スポンサーリンク

アイクぬわらの性格

経歴を見る限り、アイクぬわらさんの性格は
真面目で一生懸命な性格と言えそうですよね。

ただし、テレビではちょくちょく
視聴者を「?」とさせてしまう発言を
してしまうことも。

日本のお笑いに興味を持ったアイクぬわらさんは
様々なお笑い番組を見るようになります。

「さんまのお笑い向上委員会」で後輩芸人に
ひっぱたかれていた明石家さんまさんを見て
とても気に入ったようなのです。

それを見てアイクぬわらさんは
「やっぱり売れるには大御所をぶん殴るしかない」と
言っていて、周囲は当然のように困惑。

 

他にも、事務所の先輩であるアンガールズの
山根さんの結婚式に出席。

ただし、ここで問題なのがアイクぬわらさんは
招待されていませんでした。

招待状はもらっていないけど、普通に行ける
と出席し、本来であれば用意されていなかった
アイクぬわらさんの分の料理と席を
用意させたこともあるとか。

 

この辺に関しては、性格の問題ではなく
お国柄かもしれませんが。

日本人芸人よりも面白さを追及する
アイクぬわらさんだからこその
行動なのかもしれませんね。

 

アイクぬわらの彼女は佐藤栞里?

人気上昇中のアイクぬわらさんですが
彼女についての情報が気になるところです。

しかも、検索をかけると「アイクぬわら 佐藤栞里」
と出てくるではないですか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ちゃまてばこ/佐藤栞里【1000円以上送料無料】
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/9/13時点)

 

もしや、人気モデルの佐藤栞里さんが
彼女なのでしょうか。

気になって調べましたが、実際のところ
佐藤栞里さんは彼女ではないみたいですね。

一緒に検索されている理由は
テレビ番組「有吉の壁2」にアイクぬわらさんが
出演、アシスタントをしていたのが
佐藤栞里さんというだけのことでした。

 

現在、彼女はいませんでした。

もしかすると、隠していて実は
アメリカに彼女がいるということも
あるかもしれませんね。

 

まとめ

人気上昇中のアイクぬわらさん。

まだテレビ露出は少ないですが
これから増えてくるのではないでしょうか。

 

今後もお笑いを追及して
ぜひ笑わせてほしいですね。

今後の活躍にさらに期待しましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク