年賀状一言添え書きって毎年悩みますよね。
友人向け、上司向け、お客様向けと
使い分けが重要です。

例文があれば分かりやすくていいですね。
出産報告などもする方は知っておきたいマナー
ありますよね。

スポンサーリンク

年賀状 一言の添え書き〜友人編

年賀状で毎回悩むのが
ちょっとした一言の添え書きですよね。

一言なのに、何を書こうかとしばらく
悩んでしまったり、添え書き自体が
億劫になったりしてしまいますよね。

今年は例文を参考にしながら
年賀状に一言添え書きを書いてみると
喜ばれるかもしれませんよ。

まずは、友人への年賀状について。

しばらく会っていない友人に対しては
添え書きするのも話題が色々ありますよね。

 

例文としては
「久しぶり。元気してる?」
「今年こそ会いたいね」
「実は結婚しました」
「今度出産します」
など、一言でも様々な添え書きのバリエーションが
思い浮かぶかと思います。

では、よく会っている友人に
年賀状を出す場合はどうでしょうか。

まず、「久しぶり」は使えませんよね。
それから「元気?」という一言も
おかしいような気がします。

もし、困ってどうしても思い浮かばない!
そんな時は例文を参考にしてしまいましょう。

 

「お互いいい年にしようね」
「今年もよろしく!またご飯行こうね」
「いつもありがとう!今年もよろしく」
など、さり気なくいつもは伝えられない
友人への感謝を伝えるのもいいですね。

手書きの添え書きがあるだけで
ぐっと嬉しさが増しますよね。

 

普段はなかなか言えない事も
いい機会なので年賀状の添え書きで
一言伝えてみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

年賀状 一言の添え書き〜上司編

さて次は、会社の上司への年賀状についてです。

目上の方へ送る年賀状なので
一言添え書きするにも、友人とは全く
違う文面を考えなくてはなりませんよね。

ある意味では、友人よりも添え書きについては
悩む対象なのではないでしょうか。

こちらも例文を参考にしてしまいましょう。
日頃お世話になっている上司への添え書きの
例文としては

「昨年は大変お世話になりました」
「本年も変わらず精進いたします」
「昨年頂いたご指導を活かせるように努めます」
など、やはり上司に対してなので少し堅い文章が
良いと思います。

 

もし、上司との共通の趣味があるのであれば
「本年もゴルフご一緒させてください」
「先日教えて頂いたお店また行きましょう」
という添え書きもアリですね。

基本は上司への年賀状なので
感謝や尊敬、仕事に関することを
書くのが良いのではないでしょうか。

 

上司との距離が遠い場合は
自分の近況なんかを報告するのでも
良いと思います。

年賀状 一言の添え書き〜お客様編

最後に、お世話になっている取引先や
会計の時に渡すお客様用の年賀状の
添え書きについて。

お客様用と聞くと、一言であれば
「いつもご愛顧ありがとうございます」
「本年も変わらぬご愛顧お願い申し上げます」
など、いかにもだけど、気持ちを伝えるには
基本的な例文というのが無難かと思います。

他の例文としては
「貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます」
「貴社のご繁栄と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます」
など、前向きな文章を入れるのもいいですね。

 

お客様や取引先だからと緊張せずに
普段の感謝と相手を気遣う文章を
入れるだけで全然違います。

大量印刷されたただの年賀状よりも
手書きで一言、添え書きがされていた方が
もらった方も嬉しいものですよね。

 

今まで何も書かずに年賀状を出していた
ということであれば、今年はお世話になった
お客様に一言手書きで添え書きしてみては
いかがでしょうか。

 

年賀状で出産報告する場合

年賀状と言えば、結婚・出産の報告をする
方も多いですよね。

あまり会わない友人などの報告は
年賀状で知るのも少なくありません。

ただし、あまりにもそれがメインに
なってしまうとマナーとして
宜しくないでしょう。

基本的には結婚・出産報告は
「ついで」という感覚で年賀状に
書くのがマナーです。

 

年賀状は本来、新年のお祝いとして
出すものなので自分のお祝いになってしまったら
マナーとして良くないですからね。

また、不妊で悩んでいたり、目上の独身者へ
送る場合は特に気を付けましょう。

受け取った方が不快になる年賀状は
やっぱり新年から宜しくないですからね。

 

書くとしても、出来るだけ
友人や上司、送る人によっての例文から始め
最後に一言「結婚しました」「出産しました」と
ついでの報告として書いた方が好ましいです。

 

まとめ

毎年、年賀状は準備も大変だし
送る時も何を書こうかと悩んだり
面倒な行事と思っている方も多いのではないでしょうか。

SNSの普及により年賀状離れが
進んでいる今だからこそ、手書きの一言で
年賀状を出してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


スポンサーリンク