クリスマス、正月が過ぎたら次はバレンタイン
2018年のトレンドチョコはどんなものなのでしょうか?

手作りチョコ?ブランドチョコ?
一緒にプレゼントを渡してみてもいいですね。

スポンサーリンク

バレンタイン 2018

2018年のバレンタインも近づいてきましたね。

彼氏や旦那さん、好きな人には、改めて思いを伝えたり
同僚や上司にも、日頃の感謝を込めて
バレンタインのチョコを贈ってみてはいかがでしょうか。

お菓子業界の戦略だという方も多いかもしれませんが
なかなか言えない感謝を伝えるのもバレンタインの
醍醐味なのではないでしょうか。

そもそも、バレンタインがイベントとして始まったのは
昭和11年のこと。

意外にもバレンタインの文化は古いんですね。

 

人気お菓子メーカーブランドのモロゾフが
「バレンタインにはチョコを贈ろう」という
キャンペーンを展開したことが始まりです。

その後、昭和33年から世間に普及していき
現在のバレンタインになったようですね。

2018年のバレンタインデーは実は水曜日。
一緒に住んでいない彼氏や好きな人に当日渡すのは
なかなか難しいかもしれません。

 

同僚や上司にバレンタインチョコをプレゼントするには
都合のいい曜日ですね。

水曜日なので、手作りしようと思っている方は
前日にするのが良いかもしれません。

チョコは生ものなので、あまり早く作っても
美味しく食べられなくなってしまいますよね。

また、あげた人がその日のうちに
食べてくれるかどうかも分からない中であれば
やはり前日に手作りするのが良いでしょう。

ただ、当日に渡せない、手作りする日も平日
ということを考えると彼氏や旦那さんには
都合が合えばその前の休日に渡してしまうのも手ですね。

 

手作りレシピは、最近ではネットで
たくさんありますので毎年実は購入していた
という方も、2018年は手作りチョコに挑戦してみては
いかがでしょうか?

もちろん、凝ったレシピもありますが
最近では簡単に美味しく作れるレシピも
多いので、本命チョコはやっぱり手作りが
オススメです。

 

購入する場合は、ちょっとブランドにこだわって
みてもいいかもしれませんね。

高価ですが、やはりゴディバやピエールマルコリーニは
不動の人気ブランドです。

スポンサーリンク

バレンタイン 2018のトレンド

次に、2018年のバレンタインのトレンドを見て
いきましょう。

2017年に流行した「インスタ映え」。
これが2018年のバレンタインでもトレンドに
なりそうです。

味はもちろんですが、それよりもインパクトのある見た目や
不思議な見た目、可愛い見た目など、チョコの
見た目が重要視されそうですね。

様々なブランドもバレンタインに向け
インスタ映えするチョコレートを出してくるのでは
ないでしょうか。

見た目が可愛いと食べるのがもったいない気も
しますが、そこはひとまず置いておきましょう。

 

ちなみに、

また、年々バレンタインは何も彼氏や旦那さんなど
異性に贈るだけではなくなってきているのも
トレンドの一つでしょうか。

自分チョコ、友チョコ、家族チョコなど
同性や家族にあげるというのも増えてきています。

 

それから、男性から女性に贈る逆チョコなんかも
ここ最近は流行っていますね。

友達と一緒に友チョコ交換をして
インスタ映えするようなチョコを手作りして
みても面白いかもしれませんね。

バレンタインにチョコと一緒にプレゼント

最後に、バレンタインにチョコだけじゃ
本命にあげるには物足りない。

男性だから、甘い物が苦手と言っていた。

そんな方には、チョコとは別にプレゼントを
渡してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、バレンタインにあげるプレゼントの
予算は最大1000円というリーズナブル価格。

確かに、誕生日やクリスマスと違って
プレゼントを渡すのが大前提となっている
イベントではないですからね。

それくらいの小物を用意するといった
意味合いでいいのではないでしょうか。

もしくは、プレゼントでなくても
一緒に食事に行くという過ごし方も
アリですよね。

 

実は、チョコ以外で選ぶ彼女からもらって
嬉しいバレンタインのプレゼントランキングでは
「ディナーやデートでご馳走してくれる」が
1位なんです。

好みが別れる小物を選ぶよりも
確実性が高く、喜んでもらえるプレゼント
なのかもしれませんね。

 

もし、彼氏が甘いものが苦手という人で
あるなら、2018年はディナーを用意すると
いいかもしれませんよ。

 

まとめ

毎年頭を悩ませてくれるバレンタイン。

でも、年に一度のことだからせっかくなら
頑張りたいですよね。

渡した相手に喜んでもらう為に
悩んで、作って、頑張りましょう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク