髪染め強要をしたとしてニュースになった
大阪府立懐風館高等学校
厳しい校則とは一体どんなものなのでしょうか?

元々の府立懐風館評判偏差値は?
気になる情報をまとめて調査します。

スポンサーリンク

府立懐風館の校則とは?

そもそも、大阪府立懐風館高等学校は
大阪にあった西浦高等学校と羽曳野高等学校を
統合し、2009年から開校した比較的新しい高校です。

そして、府立懐風館の名前が広く知られるようになったのは
「髪染め強要」のニュースでしょうか。

府立懐風館は元々校則が厳しく、今回のニュースについても
生まれつき茶色の髪の生徒に黒く染めるように
髪染め強要をしたことがきっかけです。

髪染め強要に関して「黒染めしないなら学校に
来る必要はない」とまで教師に言われ、生徒が登校
できなくなってしまったという壮絶な背景があります。

ちなみに、今回の件で有名になった「地毛証明書」は
こんな書類です。バカげてますが。
⇒ 地毛証明書が必要な高校名は?どこで入手して書き方やテンプレートも!

 

府立懐風館では
「遅刻したら漢字プリントと反省文」
「ヘアゴム禁止」
「生まれつきでも茶色い髪だと黒染めしなければいけない」
「スカートの丈を短くしたり、化粧したりは禁止」
など、今どき珍しいくらいの校則の厳しさ。

更に「教師の言うことは絶対」ということもあり
逆らった場合、想像もしたくないような出来事が
待っているのでしょう。

府立懐風館は、ツイッターや某掲示板でも
「教師が生徒のツイッターを監視している」
「毎年校則が変わる」
「女子の三つ編み禁止」
などの目を疑うようなものばかり。

確かに、ルールを設ける、生徒を育てていくと
言った意味では校則は必要なものかもしれません。

しかし、厳しすぎる校則は、もはや校則では
ありませんよね。

 

自衛隊などの軍隊ならまだしも、普通の高校生に
対してあまりにも厳しい校則だと思います。

髪染め強要のニュースも、この行き過ぎた校則が
招いた結果なのでしょう。

スポンサーリンク

府立懐風館の評判は?

さて、今回はニュースになってしまった府立懐風館ですが
元々の評判はどうだったのでしょうか?

調べてみると、実は府立懐風館の評判は
前からあまり良くはなかったようです。

「みんなの高校情報」というサイトでの
府立懐風館の評判は☆2.86。

レストランの評価だった場合、この☆の数では
「行こう」とはなりませんよね。

ただし、実は口コミを見ていると
悪い評判ばかりではないのです。

もちろん
「ルール細かすぎて来ない方がいい」
「授業はレベル低いから、大学進学したい人はやめた方がいい」
といった悪い評判もあります。

 

ただ、中には
「厳しいけど、面白い。先生も良い人が多い」
「頭髪検査や服装チェックは常識の範囲内」
「生徒が真面目なら校則もゆるい」
「行って良かったと思える高校」
という意見もありました。

校則に関しても、合う人にはそこまで厳しいという
印象は受けないといったところでしょうか。

メディアはどうしても悪い面を全面的に
出す傾向にあるので、今回のようなニュースが
あると「府立懐風館は良くない」
という印象がついてしまいますよね。

 

ただ、どこの学校でも同じですが、自分に合う合わないは
あるので府立懐風館に関しても「厳しい」と感じる人、
「普通」と感じる人それぞれなんだと思います。

もし、府立懐風館を進学先に選ぼうと思っている人が
いるならば自分と向き合い決めるのが
結局のところは良いのかもしれませんね。

府立懐風館の偏差値は?

最後に府立懐風館の偏差値についてです。

そこまで校則が厳しいと言われ、罰として
漢字プリントなどをさせる学校の偏差値は
一体どれくらいなのでしょうか?

府立懐風館の偏差値は「45」。

大阪府での高校偏差値ランキングでは
ランクEに当たります。

思っていたよりも高くはないんですね。

サイトによって異なるとは思いますが
基本的にはページを下げていくと見つけられる
高校です。

 

校則が厳しい=真面目に勉強している人が多い
というわけではないということでしょうか。

また、入試は大体満点の半分が合格ラインのようです。
定員割れという年度もあったようですね。

ただ、女子の制服は可愛いという
口コミが何件かありました。

 

それでもスカートを短く出来ないので
せっかくの可愛いデザインでも
活かしきれない可能性はありますね。

 

まとめ

いずれにしても、多くの人は「校則が厳しい」と
感じている府立懐風館。

行く、行かないは、最終的に自分がどう判断し
どう決断するかですよね。

今回のニュースで来年度の新入生は
減りそうな気もしますが。

スポンサーリンク


スポンサーリンク