為末大さんの結婚相手は?子供は居るの?
不祥事への考え方や現在の生活にも焦点を当ててみましょう。

スポンサーリンク

為末大(ためすえだい)プロフィール

本名:為末大
生年月日:1978年5月3日
血液型:A型
出身地:広島市佐伯区

元陸上競技選手。400mハードル日本記録保持者
現在はスポーツコメンテーター・タレント・指導者として活動中。

 

為末大さんの結婚相手や子供は

為末大さんは身長170cm体重66kg、外国人に比べて
小柄な体型の日本人が短距離走でメダルを獲得したのは
快挙として非常に注目を集めました。
末さんの走りは今でも多くの選手から研究されています。

為末大さんに対する世間のイメージは結婚し無さそう・・・。
理論的かつ合理的な発言が多い方なのは確かでしょう。
しかし、2011年1月2日に結婚しています。
イメージとは違い、4年半の誠実な交際を経ての結婚だとか。

気になるお相手ですがアメリカカリフォルニア州の大学院に通う
為末さんと同年齢の日本人女性

為末さんは結婚する前から活動拠点であった
アメリカサンディエゴ市内で同居していたとも言われています。

馴れ初めは2006年の夏、共通の知人から紹介があり出逢います。
4年半の交際ですから、現役で活躍していた為末さんを
陰ながらサポートし続けていたと考えられますね。

 

一般の方なのでお顔や名前の公表はありませんは
女優の相武紗季さんに似ているスタイルの良い美人さんなのだとか。

結婚相手となった彼女はスキューバダイビングを趣味とし、
スポーツウーマンでアスリート感がある!
料理も得意で選手の結婚相手としては適しているように思います。

アメリカの学校に通っているだけあって英語は堪能!
大学院で平和・紛争解決学を専攻していたのだとか。

 

為末さんは結婚相手の事を知的な雰囲気のある女性、
自分には無い世界観がある。興味深い方だと話しています。

為末大さんにとって結婚は絶対的な物ではない。
人生の選択肢の1つであるとも語っています。

結婚をしたことが意外すぎてファンや為末さんを知る人からは
驚きもあったでしょう。結婚観を聞けば、為末大さんらしい
結婚の考え方や仕方だとも捉えられますよね。

 

2人の間には子供がおり、為末大さんのインスタグラムに
度々子供の写真が上がっています。
写真を見る限りでは子供は現在男の子一人の模様。
子供が生まれてお父さんとしての姿は性格も表情も柔らかく、
アスリートとしての顔とは別の人物にも見えるほどですね。

子供と一緒にトレーニングをしているとのことで、
将来のアスリートを育成中と言ったところでしょうか。

スポンサーリンク

為末大さんが不祥事を語る?

コメンテーターとして、為末大さんが不祥事について
自信の考え方を語ったことが有りました。

アスリートは世間に名前が広く知れ渡り、
日本を背負って戦っているのは確かであるが、
不祥事が起こってしまうたびに、テレビや週刊誌に
大きく取り上げられ、なぜ不祥事が起きた?と問う。

 

実際、スポーツマン、アスリートだからと言って
極端に善人な人間になるわけでもない。
不祥事を招いてしまうのは一般の方と確率は同等だと言える。

スポーツ選手が認識不足な点は、ちょっとしたアクシデントや怪我、
不祥事やお店への出入り、交際に関しても
日本の代表者として見られているという責任感でしょう。

 

一般の人であれば、目も向けない興味も向かない出来事も
スポーツ選手の場合はネタとして表に出されて大事にされてしまう。

世間は成長する過程で、教育も広く行われ危ない物、
手を出してはいけない物も身近な物として知識を付けるでしょう。

色んな経験を積み、交友関係も自由に幅広く好きに楽しめる。
そんな成長経過を辿りながら大人になっていくものだ。
しかしエリートと扱われる選手達はこの成長過程が無い。

 

小さなころから勝負の世界で生きて、勝ちにこだわる一点のみ。
幼き頃からしっかり者、真面目、できる子なんて言われるだろうが、
極端に子供っぽさが残ったまま大人の人格に成長する。

選手を強化する方法はいくらでも洗練され加速していくが
一方で戦いを求めて生きてきた、勝負に特化する人間を、
社会に適応させる方法はどの段階で学び経験するのだろうか。

不祥事に関しては誰もが起こしてはいけない事実ですが
選手の価値観や考え方を今後見直していくことも必要だと語る。

為末さんの現在とは

結果が出せず、悩ましい過去も乗り越えて、成果を出し続けた
大さんは2012年6月の日本選手権を最後に
スポーツ界のリーダーになるのを諦めたと名言を残し、現役引退。
元陸上競技400メートルハードル選手、日本記録保持者でもある。

引退後テレビのコメンテーターとして競技には関わっていたり、
自信の会社を立ち上げるなど、色んな活動・事業を行っていた。

アスリート人生を終えて、いろんな経験を積んだ現在
為末さんは、何をされているのか。

気になる現在は、スポーツ界に携わることなく、
一般社会に向くと決めて活動している。

2020年に開催される東京オリンピックに関して、
どう考えているか、個人・社会に目を向けて大さんは答えた。

 

現在ある社会問題をスポーツを通して解決したいとのこと。
どんな競技であっても、必ず毎年のように引退する選手がいる。
アスリート人生を終えた選手たちが第二の人生選びにおいて、
何十年たっても大きな課題としてあるのは確かなのです。

知名度を利用すればビジネスを展開することも可能ですし、
自分一人が食べていくことは可能です。
一人で生きていくのであれば、効率も良く、楽できます。

しかし、為末大さんはこの社会問題をスポーツで解決する!
将来に繋がっていくモデルを作り上げることを目指し、
次々と雇用を生んでいきたいと話す。

 

まとめ

選手との接点や関わりを辞めて、個人事業を立ち上げ、
社長さんとして新しい社会の溶け込んでいるのかと思いました。

しかし、為末大学ランニング部と名を掲げ、
月額6,480円会員モデルで二足歩行の大量データ収集を実現し、
多くのランナーに向けてサービスを提供していけるよう
自らの手でアスリートの社会問題を解決する方法を
探し続けているのです。

 

為末大さんの考え方に賛同する選手たちも多い事でしょう。
アスリート人生を経験した者しか分からない部分はありますが
ぜひ、企業を成功させて欲しいですね!

スポンサーリンク


スポンサーリンク