飯塚納涼花火大会2017穴場スポットはどこだ!?
気になるプログラム駐車場交通規制の情報も合わせて
調査してみましたのでご確認ください。

スポンサーリンク

飯塚納涼花火大会2017プログラム

飯塚納涼花火大会は福岡県飯塚市で開催される
大正11年から続いている歴史のある花火大会なのです。

花火大会のプログラムが他とは違う!!
全長なんと約400mものナイアガラが遠賀川いっぱいに出現します。
2016約5000発の花火が打ち上げられましたが、
2017年8月開催予定では6000発の予告がありますよ!?
プログラムも毎年駆使して盛り上げてくれるのです。

飯塚納涼花火大会はスピード感もどの花火大会にも負けない!
花火を一時中断してまで行うオートレースの花火パフォーマンス。
なぜ!?良い所だったのに・・・。
始めて飯塚納涼花火大会を見に来る方は皆様、思うでしょう。

しかし、わざわざプログラムを挟む価値あり!
花火を付けたバイクが河川敷を疾走する一つのパフォーマンス。
例年、期待してくれるファンが増加中なのだとか。

 

花火が打上げられる遠賀川の河川敷は市街地にあるため、
お子様でも間近で見られるのが特徴とも言えます。
仕掛花火は西日本トップクラスと詠われている
それ程大掛かりな仕掛け花火には2017年もぜひ注目したいですね。

飯塚納涼花火大会はオートレース場に、ちなんだ花火が
打ち上げられるのも一つの楽しみであり、
例えば、人の乗ったバイクが走る様子をかたどった創作花火など
飯塚納涼花火大会には見る人を惹きつける魅力が満載なのです。

2017年はどんな創作花火が登場するのか、
良く考えられたプログラムに感動すること間違いなし!!

スポンサーリンク

飯塚納涼花火大会の穴場スポット

地元民はわざわざ人の多い会場に行かなくても、
ビルの間やスーパーの屋上やら丁度良い角度で見られる
穴場スポットを知っているもの!!

折角出向いて、楽しみにしていた飯塚納涼花火大会も
天候が荒れてしまっては、大勢のお客様へトラブルや事故も
心配されますので安全を確保して中止を余儀なくされることも
もちろん仕方がない事なのですが・・・。

 

しかし、飯塚納涼花火大会は小雨ぐらいでは通常通り決行!!
穴場スポットを知っていれば、傘をしようしていても
見上げることの無い丁度良い角度が存在する。

飯塚納涼花火大会の穴場を少しだけまとめてみました。
笹尾稲荷神社宮地嶽神社
高台にある神社で花火を見るのには最高!

勝盛公園は
とても広い公園内で自分だけの鑑賞スポットを確保!

飯塚市立飯塚小学校は
会場から離れているので静かに鑑賞できます。

 

のがみプレジデントホテルもビアガーデンでは
混雑が予想されるので予約は必須ですが
生ビールを椅子に座って優雅に花火と堪能!

穴場は地元の方に聞くのが一番おススメですが
一緒に行く人やムードを大切にしたいのなら穴場も悪くないかも!

 

駐車場と交通規制

車で飯塚納涼花火大会に向かう方にとっては
気になるのが駐車場交通規制ですよね。

無料駐車場をご利用したい方は、早めに行動して頂き、
200台収容できる飯塚市地方卸売市場をおすすめします。

飯塚納涼花火大会の会場である河川敷駐車場には
終日注射することができませんのでご了承ください。

交通規制に関しては当日、19時15分から
警備員による交通規制が始まりますので、できる事なら
時間までに車を駐車するとスムーズで混雑も避けられると思います。

 

飯塚納涼花火大会会場の付近でおすすめの駐車場
新飯塚パークプラザ(有料)駐車台数1551台 (年中無休)
コスモスコモン(有料)駐車場台数436台 (年中無休)

花火会場から近い為、利用客が多い駐車場です。
一気に解散する帰宅時はかなりの混雑は覚悟する必要があります。
少し早めに時間に余裕を持って行動すると良いでしょう。
また駐車場が24時間営業ですので、時間があるのなら
人が減ってから動けば、完璧ですね。

会場周辺の道路も警察による臨時交通規制がありますので
係員の指示に従い交通規制やお祭りのルールを守り行動するよう
ご協力宜しくお願い致します。

 

まとめ

飯塚納涼花火大会は都内の大規模な花火大会と比較すると
混雑状態はさほど酷くはありません。
会場でも十分に花火を楽しむことができるでしょう。

屋台も花火も一緒に楽しみたい方は会場に足を運びましょう。
静かな場所で花火を鑑賞したい方は地元民の穴場スポットから
景色に浸り、有意義な時間をお過ごしください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク